【PISTACCHIO公式通販】RED WING 8875 Classic Work 6" Moc-toe 【レッドウイング 8875 クラシックワーク 6インチ モックトゥ】Oro-Russet Portage(オロラセット ポーテージ)
 
  • トップ
  • RED WING
  • RED WING 8875 Classic Work 6" Moc-toe 【レッドウイング 8875 クラシックワーク 6インチ モックトゥ】Oro-Russet Portage(オロラセット ポーテージ)

RED WING 8875 Classic Work 6" Moc-toe 【レッドウイング 8875 クラシックワーク 6インチ モックトゥ】Oro-Russet Portage(オロラセット ポーテージ)

39,852
(1,992point)

↑ ↓

在庫確認
レッド・ウィング社は1952年、白く底が平らでクッション性に富むトラクショントレッド・ソールを、ワーク・ハンティングを用途とする男性用のブーツに初めて導入し、発売しました。8インチ丈のブーツ#877です。このブーツは発売と同時に大成功を収め、数年で様々なバリエーションが広がりました。6インチ丈の#875もそのひとつです。モカシンタイプのつま先などが持つ履きやすさ。どのような場所でも歩きやすく長時間履いても疲れにくいトラクショントレッド・ソール。さらに、良質なレザーや堅牢なつくりがもたらす機能性と耐久性で、#875は#877と共にワーカー達に絶大な支持を得て、アメリカを代表するワークブーツとなり、その後約65年経った現在でも、レッド・ウィングを代表するブーツとして愛され続けています。この#875にかつて使われていた、オロラセット・レザーは元々オレンジがかったブラウンの色をしていましたが、1990年代に入ると、次第に赤みを増していきました。その後、アメリカ市場で一旦元の色に戻そうという事になった時に、日本市場で人気の高かった赤みの強い色合いを、オロラセット・ポーテージという別のレザーをつくり、別の品番の商品に採用して日本市場で維持する事になり、1996年に#875のバリエーションである#8875が生まれました。以来、#8875は日本市場でレッド・ウィングを代表するブーツとして、常にトップセラーのひとつであり続けています。


レザー:オロラセット「ポーテージ」
ソール:トラクショントレッド
製法:オールアラウンド・グッドイヤーウェルト
ラスト(木型):23
ワイズ:E
生産国:アメリカ

LEATHER:Oro-Russet "Portage"
SOLE:Traction Tred
CONSTRUCTION:All-around Goodyear Welt
LAST No:23
WIDTH:E
Made in USA


メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています
RED WING レッドウイング 8875 オロラセット ポーテージ